展示中
SEED
01

全方向移動から、 新しい車輪機構のデザインを。

RESEARCHER
Slidable-wheeled omnidirectional mobile robot (SWOM)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse varius enim in eros elementum tristique. Duis cursus, mi quis viverra ornare, eros dolor interdum nulla, ut commodo diam libero vitae erat. Aenean faucibus nibh et justo cursus id rutrum lorem imperdiet. Nunc ut sem vitae risus tristique posuere.

駆動ユニット

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse varius enim in eros elementum tristique. Duis cursus, mi quis viverra ornare, eros dolor interdum nulla, ut commodo diam libero vitae erat. Aenean faucibus nibh et justo cursus id rutrum lorem imperdiet. Nunc ut sem vitae risus tristique posuere.

No items found.
どんなタネ?

新しい車輪機構の研究をしています。近年開発した「普通の車輪で全方向移動ができる装置「Slidable-wheeled omnidirectional mobile robot(SWOM)」は、低振動・高耐荷重ながら高効率な移動が可能です。さらに、あらゆる車輪機構に共通する条件を理論的に研究しています。

なぜ研究を始めた?

子どもの頃から乗り物や車輪、機構が大好きでした。このSWOMは当初、別の用途だった機構が「全方向移動ができる」と気づき、開発に至りました。さらに、実験と理論による研究を進める中で、あらゆる車輪機構の運動の条件を解明したいと考えました。

なにを変える?

低振動・高耐荷重で全方向移動ができるSWOMは、自律して動くロボットや乗り物の可能性を広げます。また、車輪機構の条件式により、「既存の機構では実現できない特性」が必要なとき、数式で考えることで新しい機構のデザインが可能です。つまり、ユーザー自身が必要な機構をつくりだすことも可能となりえ、新しいモビリティ社会が開けます。

なにが必要?

世の中では「どのような機構が求められているか」を知りたいです。移動装置を使っている方などの協力を得て、現場のニーズや知識を踏まえて研究を進めることが必要です。また、SWOMを使ってみたい方や、ロボットソフトウェアに携わる方と連携ができれば、実用化に向けて前進します。

VIDEO MATERIAL
No items found.
INTERVIEW
桂産直便
全方向移動から、新しい車輪機構のデザインを。

2020.11.10

研究についてのコメントを残しましょう!
コメントを書く
OTHER SEEDS

その他のタネ

SEED
27

移動車両による橋梁の健康診断で都市の安全を守る。

張 凱淳
工学研究科 社会基盤工学専攻
SEED
06

先進材料を用いた部品開発で、 工作機械の消費エネルギーを減らしたい。

河野 大輔
工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻